寝付きが悪い・高ぶる感を漢方で穏やかに

季節は春を迎え草木が芽吹く時期になります。

春は上向きの力が働く季節

そして人の気も上向きになりやすい季節です

漢方の五行学説では春の季節では不調になりやすい五臓は【肝】起こりやすい感情は【怒】と当てはめています

肝は非常に高ぶりやすい性質があり、この肝を穏やかにして気の巡りを整えることが必要です。

特にこの時期は外出が出来ずイライラして不眠になりがちです

そうした方におススメの漢方は「抑肝散」です。

投稿者プロフィール

健湧堂薬店
「健湧接骨院」「健湧堂薬店」代表 江本直樹 出羽海部屋に所属していた元力士、鷲羽山の弟子で現役中の四股名は「鷲の海」 日常生活で起こりやすい怪我のケア・薬膳や栄養等身体作りの情報を発信していきますのでよろしくお願いします!